うつわのお手入れ


Q.新しいうつわを使いはじめる前にすることはありますか?

A.
目止め(米のとぎ汁で煮沸する作業)をお願いしております。
陶器は素材となる土が粗いため汚れが染み込み、カビやシミの原因になります。
米のでんぷん質が表面の目を埋めることで、汚れを染みにくくさせる効果があります。
ですが、うつわによっては目止めが必要でないもの、反対にしていけないものもございます。
取扱説明書がある場合はそちらに従ってくださいますようお願い致します。


Norahでは、作家さんから納品した後そのままお届けしております。
もし高台がざらついていたら、テーブルや食器棚に傷がつく原因になることもありますので、サンドペーパーなどを使って高台を滑らかにしていただくようお願い致します。


Q.目止めの仕方を教えてください。

A.
1.米のとぎ汁、もしくは水に小麦粉または片栗粉(大さじ1~2杯程度。米のとぎ汁と同じくらいの濃度のイメージで)を溶かしたものを用意します。
2.器を入れて火にかけ、沸騰させます。
3.10~20分ほど
煮沸したら火を止め、そのまま冷まします。
4.冷めたらぬめりを洗い流し、よく乾かします。

・鍋に入らない大きいうつわの場合

しっかり乾いた器の中に、煮つめて薄い糊状にした「米のとぎ汁」を直接流し入れます。
1時間~2時間経ったら器から流し、ふき取り、その後、器を洗ってください。

水に一晩浸しておくという方法もあるようです。
ぜひお好きな方法でお願い致します。


Q.使った後のお手入れの仕方を教えてください。

A.
基本は、やわらかいスポンジで食器用洗剤をつけて洗い、よく流します。
ですが、揚げ物など油もので使用した場合以外は、食器用洗剤を使用せずに水洗いがおすすめです。
洗った後は、しっかり乾燥させることが大切です。
長時間のつけ置き洗いや硬いスポンジや金タワシ、クレンザーの使用はさけてください。
食器洗浄機の使用はおすすめしておりません。


Q.保管方法について教えてください。

A.
しまうときは、よく乾燥させてください。
水分が残っていると、においやカビの原因になることがあります。
限られたスペースで器を収納する場合、サイズやかたちごとに重ねることも多いと思います。
うつわとうつわを重ねるときは、薄い布や紙を挟むと傷や湿気が防げます。


Q.シミができてしまいました。

A.
なるべく色を付けたくない場合は、使う前に目止めをしたり、
毎回使うたびに水にくぐらせたりといった日々の注意も必要となってきます。
茶渋やコーヒーなどの染み付いた汚れは、大さじ1杯ほどの塩をスポンジにのせ、水を含ませて洗ってみてください。
日々使い込んでいくことによる汚れは、愛用することによる風合いとして楽しみ愛しんでいただけると幸いです。